Apple

【Apple】整備済製品とは?新品同然で中古よりもオススメ

Apple製品は高品質だが高価格というイメージが強い。できれば安く、お得に購入したいと思う人が多いだろう。

製品を安く購入する方法の一つに中古を買うというものがある。

しかし中古の商品は持ち主が使った際にできた傷や汚れが残っていることが多い。また、スマホやタブレット、パソコンなどはバッテリー寿命が短くなっているので、購入しても長く使うのが難しい。

それに加えてアップル製品の場合、中古でもそれほど値段が下がらない。

つまりAppleの中古製品はそれほどメリットが無く、それどころかむしろ悪くなることがある。

Apple製品をお得に購入できることは出来ないのか?

そこで僕がオススメするのがApple公式の認定整備済製品だ。これは、Appleの中古製品を新品同然にしたものをお得に購入できる商品のこと。

僕は実際に整備済製品のiPadを購入したので、ちょっとした感想も含めてメリット・デメリットを紹介していこうと思う。

整備済製品は中古だが新品同然

整備済製品とは、店頭に展示されていた展示品や下取りで受け取った製品をクリーニングし、外装・バッテーリーを新品に交換したもの。

Apple認定整備済製品はすべて、新品のApple製品と同様の機能上の基準を満たすため、全項目試験を含む厳格なプロセスで再整備を受けています。整備済デバイスはまったくの「新品同様」で、新品と比べて最大15%引きの特別価格で購入できます。

Apple純正の交換パーツ(必要な場合)を搭載し、徹底的なクリーニングと点検が行われた「新品同様」のデバイスが届きます。

https://www.apple.com/jp_edu_1460/shop/refurbished/about

中古品を新品に生まれ変わらせている。

新品同様なのは製品の状態だけで無く、保証についても同じことが言える。通常のApple製品同様、1年間の製品保証がついており、AppleCareで保証を延長することもできる。

Appleでは、すべてのApple認定整備済製品に1年間のハードウェア製品限定保証をつけることでこの品質保証を確固たるものとしています。また、お客様はAppleCare製品を購入して保証を延長することもできます。

https://www.apple.com/jp_edu_1460/shop/refurbished/about

整備済製品は正真正銘の「新品同様」な製品であることがわかる。

割引率は最大15%だが、1世代前なら20%以上で下手な中古よりお得

引用でも述べられているが、割引率は最大で15%となっている。

ただしこれは最新製品のはなし。

Appleは新製品が出ると1世代前の製品を値引きする。例えばiPhoneやiPadの場合は5000〜10000円値引きされることが多い。

ここから更に10%〜15%割引かれるので、製品によっては実質20%以上の割引率になることもある。

新製品が発表された後、型落ちした1世代前の整備品が出品されることが多い。新製品発表会は狙い目だ。

一方、中古ショップで中古のApple製品を探してもそれほどお得な商品が見つからない。探したことがある人ならわかると思うが、10〜15%くらいの割引率が限界だ。

たまに20%くらいの割引率も見かけるが、大抵は状態がよくない。例えば傷やヨゴレがついていたり、バッテリーが消耗しているなど。

割引率がそれほど変わらないなら整備済製品が断然お得なのがわかると思う。

最新製品が出回るのは通常は半年、最短で2ヶ月後くらい

整備済製品はなかなか出回らないというイメージがあり、大抵は新製品が出てくるまで半年〜1年かかる。

しかし最近は13インチのMacBook Proが、発売から約2ヶ月という比較的短期間で整備済み製品として出回るようになった。

ただ、13インチMac Book Proは動作に不具合があることがネット上で報告されており、それが原因で返品したという動画や記事も散見される。

恐らく、こうして返品された不具合品が、整備を受けた後に整備済製品として出回っているのではないだろうか。

なので通常は最新製品を買うには半年くらいは待つと思っておいた方がいい。

欲しい製品が入手できるとは限らない

メリットだらけだった整備済製品だが、デメリットも存在する。

中古同然、欲しい製品が欲しいタイミングで必ず見つかるわけではない。常に中古品が供給されるとは限らないからだ。

そしてApple製品を少してもお値打ち価格で買いたいと思う人は多い。それゆえ倍率が高く、すぐに売り切れてしまう可能性が高い。

僕が整備済製品のiPadを購入したときも、欲しいモデルがなかなか売り出されず、ただひたすら待ち続けた。そしていざ売り出されると、すぐに売り切れて購入できないということもあった。

なので、整備済製品の購入は「今のデバイスで事足りるが、新製品に安く乗り換えられるなら乗り換えたい」とか「以前からiPadに興味があり、安く購入する機会があるなら買いたい」といったニーズと合致していると言えそうだ。

ラインナップ、購入方法

Apple公式サイトの一番下にスクロールすると認定整備済製品の欄があるのでクリック。

iPhone以外の全ての製品がラインナップされている。

Macをクリックしてみると、このように購入可能製品が並ぶ。ときにはMacProが並ぶことも。

製品は価格順で並んでいるが、世代順で並ぶこともある。

欲しい商品が見つかったら購入しよう。購入の流れは通常通り。送料無料も嬉しいポイント。

https://www.apple.com/jp/shop/bag

iPadの整備済製品を1年半以上使ってみた感想

僕は実際にiPadの整備済製品を購入した。

通常品と違うところはパッケージのデザインくらいで、そのほかは全て新品同様だった。

かれこれ1年半以上使っているが、特に不具合や不都合なことは起こっていない。

バッテリーも特に激しく劣化しているわけでも無く、使っている通りの普通の消耗具合といったところ。動作に関しても不満はなく、購入して良かったと思えている。

まとめ

Appleの整備済製品について紹介した。

外装・バッテリーが新品で、1年の商品保証もついているのでほぼ新品と言っても過言ではない。

欲しい製品がタイミングよく売り出されるとは限らなかったり、倍率が高くてすぐに売り切れてしまったりするデメリットもあるが、急いで欲しいという場合を除けばそれほど問題にならないだろう。

中古品と比べてかなりお得なので、ブックマークなどを活用してApple製品をお得にゲットしよう。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA