ニューヨーク,  アメリカ,  東海岸

ニューヨークの建築一覧

ニューヨークにはさまざまな建造物があり、それら1つ1つがランドマークになっている。

今回の旅行でみてきた建物を紹介していこう。

エンパイアステートビルディング

ニューヨークといえば摩天楼。その摩天楼群の中で最も知名度が高く人気なのがこのエンパイアステートビルディングだ。エンパイアステートとはニューヨーク州の愛称のこと。高さは電波塔まで入れて443m。天高くそびえるビルはアメリカの希望の象徴だったに違いない。102階建てで86階と102階に展望台がある。86階は一人34ドル。102階は驚異の54ドル!正直いって当時はそこまで登りたいと思わなかったので86階にすら行ってない。帰国後に後悔した。

夜はてっぺんの付近が光って昼間とは違った雰囲気を味わえる。


自由の女神

ニューヨークのランドマークにして自由の国アメリカの象徴。アメリカ独立100年を記念し、友好の印としてフランスから送られたものだ。冠にある七つの突起は七つの陸と海に自由が広がっていくという願いが込められている。

女神のあるリバティ島まではフェリーに乗っていくので、観光客が時間差で到着するためそこまで混雑せず快適に観光できる...と思ったけど冷静に考えたら離島でも同じことが起こるからたまたまかな(笑)。

↑何言ってるのかわかんない笑笑


ワンワールドトレードセンター

9.11の同時多発テロ事件で倒壊したワールドトレードセンターの跡地に建てられたもの。ニューヨークで一番高い。全面ガラス張りで太陽光を反射して輝いている姿は圧巻。


フラットアイアンビルディング

1902年に建設されたペラペラのビル。当時の技術でこんな奇抜なデザインのビルが造れるのがすごい。中はオフィスらしいが倒れるか心配で仕事に集中できない!(笑)。高さは87mもある。東工大のチーズケーキ(図書館)に似たものを感じる。ちなみにドイツのベルリンにはチーズケーキをさらに高くしたようなビルがある。

ironってアイアンじゃなくてアイロンって読むんじゃないかと思ってweblio英和和英辞典で聞いてみると、アイェァンみたいな発音っだった(笑)。


ニューヨーク市立図書館


ワシントンスクウェアパーク

パリの凱旋門を模して造られたという門がある公園。似せたといってもパリの凱旋門よりは明らかに小さいし薄っぺらい。オリジナルは立方体をくりぬいて門にした感じ。写真を撮る人や噴水で遊ぶ子供たちや楽器を演奏しているパフォーマー、ベンチで休憩している人など多くの人で賑わっている。

よくみたら結構パリの凱旋門に似てるかも笑

装飾とかは似てる


ウォールストリート

ニューヨーク証券取引所、連邦準備銀行をはじめとして多くの銀行や証券会社が立ち並ぶ。世界の金融の中心地だけあって重圧な雰囲気が漂っている。

NEW YORK STOCK EXCHANGE(ニューヨーク証券取引所)


ブルックリンブリッジ

全長約1800mの橋。上層と下層に分かれていて、上層は徒歩と自転車、下層が車道になっている。幅はそんなに広くないので自転車注意。写真撮影に来た観光客やウォーターウォーターと連呼するおじさんやおばさんで賑わっている。ロンドンのタワーブリッジみたいに上に行けるのかと思ったが無理だった。

橋の上は摩天楼群が一望できるお勧めスポットだ。渡り切るとブルックリン区だが特に行くところもなくさっさと引き返した(笑)。


ここまでニューヨークの特徴的な建造物を紹介した。どれも見ごたえのある作品ばかりで絶対に訪れたいスポットだ。もちろんここで挙げたものはニューヨークのほんの一部に過ぎない。ぜひとも自分のお気に入りの建造物を見つけてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA