タイ,  チェンマイ

【チェンマイ】一度は行っておきたい3大ナイトマーケットの開催場所、行き方

チェンマイ市内では3つのナイトマーケットが開催されている。

毎日開催のナイトバザール、土曜限定のサタデーナイトマーケット、日曜限定のサンデーナイトマーケットだ。

屋台が所狭しと並んで賑わいを見せており、チェンマイの観光名所のひとつと言っても過言ではない。食べ物の屋台というよりは小物を売る出店の方が多いので土産物探しにオススメ。

今回はこの三つのナイトマーケットの場所をお伝えしよう。

1.ナイトバザール

毎日開催の老舗のナイトマーケット。

マップの赤線の通りにマーケット用の建物があり、そこでお土産になりそうな小物や商品を販売している。通りの両脇にも出店が出ている。ちゃんとした屋内の売り場があるため、3つあるナイトマーケットの中では規模としてはもっとも大きい。

野外ステージやフードコートのようなものもある。(ローカルに比べてやや高め)

毎日開催なのでイーペンフェスティバルのときでも絶賛開催中。

イーペンフェスティバル仕様。ランタンがぶら下げっている。

開催は17〜24時くらい

2.サタデーナイトマーケット

土曜日のみの開催

旧市街の南の門から斜めに伸びた通りを中心に開催される。

ナイトバザールとは異なり、通りに沿ってた屋台や出店でマーケットが形成されている。どちらかというと小物系が充実している印象がある。

開催は17〜24時くらい

3.サンデーナイトマーケット

日曜のみの開催

旧市街の3人の記念碑から下、旧市街の南側で開催


こちらも屋台や出店で形成されるタイプ。絵系の商品が多い印象がある。

開催は17〜24時くらい。

ゴミを片付けよう

写真を見てわかると思うが結構な人混み状態になっている。人混みのあるとことで避けられない問題が、ゴミの問題だ。

ナイトマーケットでは地元のパヤップ大学の学生がゴミを拾ったりゴミを捨てないようにしようと呼びかけているシーンに遭遇したことがある。

ゴミは自分で持ち帰るか、ゴミ箱があったと思うのでそこにちゃんと捨ててきれいに保つよう心がけよう。

これだけナイトマーケットが充実しているのは暑い東南アジアだからこそ、日中は体力を温存して夕方〜夜にかけて活動を再開するということに由来するのだろう。取り扱うものは大体似ているので全て行く必要もないかもしれないが、それぞれに違った良さがあると思うのでそれを探すのもいいと思う。

チェンマイを訪問したらぜひ一度は足を運んでみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA