海外,  アメリカ

【ESTAの申請方法】アメリカに渡航する前に必要なESTAの申請方法

アメリカ渡航をするにあたって事前に申請が必要なESTAについて、概要や申請方法を解説する。(日本語でも申請可)

ESTAとは?申請しないとアメリカに入れない?

ESTAとは、ビザ申請者以外がアメリカ入国する際に必要な申請のこと。短期の観光目的でも申請が義務付けられている。

ESTAは、ビザ免除プログラム(VWP)を利用して渡米する旅行者の適格性を判断する電子システムです。ESTAは米国国土安全保障省(DHS)により2009年1月12日から義務化されました。ビザ免除プログラムを利用して、90日以下の短期商用・観光の目的で渡米しようとするビザ免除プログラム参加国の国籍の方は、米国行きの航空機や船に搭乗する前に、電子渡航認証を受けなければなりません。

ビザ免除プログラム(VWP)は、特定の国籍の方が米国に渡航する場合、有効なパスポート、往復または次の目的地までの航空券・乗船券を所持し、渡米目的が短期の商用や観光であれば、ビザなしで米国に90日以下の滞在が可能となるプログラムです。VWP対象国の方はビザを申請することもできます。全ての国がビザ免除プログラムに参加しているわけではありません。また、VWP参加国のすべての方がビザ免除プログラムを利用できるというわけでもありません。渡米に際して、ビザ免除渡航者は、電子渡航認証システム(ESTA)で認証され、米国入国地で確認される必要があり、米国国土安全保障省(DHS)のUS-VISITプログラムに登録される必要があります。

https://jp.usembassy.gov/ja/visas-ja/visa-waiver-program-ja/esta-information-ja/

日本人でアメリカに入国するには、ビザかESTAどちらかの申請をしないと入れない。

料金は14ドルで、有効期限は2年間。

(パスポートの期限がESTAよりも早く切れる場合、ESTAの有効期限も一緒に切れる)

ESTAは通常一度認証されると2年間有効で、米国への複数回の渡航が可能です。ただし、2年以内にパスポートの期限が切れる場合は、パスポートの有効期限日をもって無効になりますのでご注意ください。また、渡航者がパスポートを新規に取得したり、名前・性別・国籍のいずれかを変更した場合や、前回ESTAを申請した際の適格性質問(はい、いいえ)の回答に変更が生じた場合も再申請が必要です。

https://jp.usembassy.gov/ja/visas-ja/visa-waiver-program-ja/esta-information-ja/

いつまでに申請?

すぐに申請が完了するわけではないので、アメリカ大使館では72時間以上前の申請を推奨している。

ビザ免除プログラム(VWP)で渡米される予定がある方は、航空券の予約時にESTAを申請するか、少なくとも渡米日の72時間以上前にESTAの申請をすることを強くお勧めします。出発日当日にESTAを申請する場合は、搭乗前に渡航認証を取得できないリスクが生じます。また、承認されたESTAをお持ちでない海外旅行者は、搭乗を拒否されますのでご注意ください。

https://jp.usembassy.gov/ja/visas-ja/visa-waiver-program-ja/esta-information-ja/

僕がアメリカに行く際に申請した時は、申請した次の日に完了のメールが届いた。完了するまでの時間は人によってバラバラだと思うが、念には念を入れて4日以上前には申請した方が良さそう。

申請の流れ

記入項目が多く15分〜20分ほどかかることを覚悟しておこう。

まずは下記のESTA申請サイトへ移動

https://esta.cbp.dhs.gov

クリックすると以下の画面が出てくるので矢印の部分をクリック

規約の同意。上の丸にチェックして次へ。

パスポート情報の記入

基本的に上のように記入すればok。

① パスポートの発行年月日

② 発行された国

③ パスポートの期限

パスポートのアップロードと書かれたところがあるが、パスポート情報が自動で記入されるというだけで必ずしもアップロードする必要は無い。

次に国籍・市民権についての質問と、認証コードを受け取るためのメールアドレス記入欄がある。

① 自分が今現在、別の国籍や市民権を持っているかどうか。

② 自分が以前別の国の国籍や市民権を持っていたかどうか。

該当しなければどちらもNoを選ぶ。

ここに記入したアドレスに次のページに進むための認証コードが送られてくる。

メールを送信するかどうかの確認画面が出るので、記入に間違いがなければSEND CODEをクリック。

送られてきたメールの4ケタのコードを入力。

次の画面で現住所と電話番号を記入する。

電話番号は080ではなく80で記入する。

① 自分に他の名前があるか

② 今までにパスポートやIDカードを他の国で発行したことがあるかどうか

どちらも該当しなければNoを記入する。

次にSNS、メンバーシップ、両親、雇い主かどうかを記入する。

SNSは何かしらやっていればIDを入れる。何もやっていなければ下のチェックボックスにチェックを入れる。

① CBPメンバーシップかどうか

② 雇い主かどうか。会社を経営するなどしていて雇い主の場合は、会社情報を記入する。

該当しなければNoを選ぶ。すべて記入して次へ

次に旅行情報の記入

① アメリカでは乗り継ぎだけして、他の国へ行くか。

② アメリカの滞在先住所

アメリカ滞在の場合は①でNoを選ぶ。すると②を記入する画面が出てくるので滞在先のホテル名、住所などを記入する。

名前はわからなければUNKNOWN、電話番号はわからなければ0を記入してもいい。

③は、アメリカで複数の都市に滞在する予定の場合に記入する。例えばロサンゼルスだけでなくサンフランシスコとかサンディエゴとかに滞在するなら、同じように滞在先情報を記入する。

その下に緊急連絡先を記入。連絡先の相手はアメリカ国内・国外どちらでもいい。

最後に犯罪歴などに関する質問。

薬物に手を出したかとか、法を侵したかとか、逮捕歴があるかなどが聞かれる。

基本的にすべてNoだと思うが、最後の質問は注意。

2011年以降にイラン、イラク、リビア、北朝鮮、ソマリア、スーダン、イエメン、シリアに行ったことがあるかどうかの質問がある。

この中だとイランは割と情勢が安定していて日本人でも渡航できるので、過去に行ったことがある人がいるかもしれない。

最後に規約のようなものに同意するチェックボックスにチェックを入れる。下のボックスはチェックしなくてOK。

これで記入はすべて終了。

確認画面が出た後、支払い画面でクレジットカードを登録して完了。

登録後

後日、登録完了のメールが届く。

ESTAの登録情報はパスポートに紐づけられているようで、空港での入国審査の時にESTA申請完了の確認画面を見せるということは無かった。

なのでメールや確認画面は保存しなくても大丈夫みたいだが、念のため一応保存しておこう。

以上、ESTAの申請方法について書いてみた。コロナウイルスが早く収まって一刻も早く以前のように旅行しやすい状況に戻ることを願ってやまない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA