一人暮らし,  デスク環境

外付けディスプレイ・デュアルディスプレイのすすめと選び方

ノートPCで作業していて、あるいはブラウジングしていると、表示できる画面を増やしたいと思うことがあるだろうか。

あるいは、大きな画面で快適に作業したいと思ったことがあるはずだ。

最近は大半の人がノートPCを持っていることと思うが、そこに新たにデスクトップを用意するとなると、少なくとも8万円ほどの追加出費は不可避だ。特にMacを用意するならばMac miniでもディスプレイと合わせて12万円ほど必要になってくる。

ノートPCでも画面を分割して2画面で作業することはできる。

しかし、ただでさえ小さな画面が、分割することで更に小さくなり文字が読みづらくなってしまう。拡大すると今度が表示される情報の量が減ってしまう。

大画面で作業したい、しかし出費はできるだけ抑えたい。

そこで選択肢として上がってくるのが、外付けディスプレイの購入だ。ノートPCと接続することで気軽に画面を拡張でき、快適な作業空間を得ることができる。

メリット

大画面で享受できるメリット。それは

  • 見やすい、目に優しい
  • 表示できる情報量が多い
  • ワードや文書作成ソフトが使いやすい

見やすい、目に優しい

大画面で表示することで当然文字が大きく、見やすくなる。

ノートPCで分割表示すると、ただでさえ小さい画面がさらに小さくなってしまう。文字が小さいので読みづらく、拡大すれば表示される情報量が少なくなってしまう。

大型のディスプレイならば分割しても文字が読みやすく、十分な情報量を確保することができる。

画面から離れても文字が見やすいので、ディスプレイと目との距離が増えて目への負担が少なくなる。

ワードや文書作成ソフトが使いやすい

ワードや文書作成ソフトで文書を作成する時も、ブランウジングやオンラインで資料を読みながらワードにまとめる作業がかなり快適になる。

ノートPCでも画面を分割してブラウジングしながら文書を作成することは可能だが、そうするとツールバーが減ってしまう。

このように、ディスプレイ側を分割してノートPC側でワードを開くことで、ツールバーはそのままに大画面で情報を得ながら文書作成が可能だ。

また、2画面で表示できるので、2つの情報を比較したり統合しながら効率よく文書を作成することができる。

選び方

ディスプレイ選びの基準としては

  • 価格
  • 大きさ
  • 画質の良さ

に大別されるのではないだろうか。

価格

まず、最も気になるのは価格。

安いものだと10,000円くらいから購入可能。ただし画質は低く、HD(1280×720)に毛が生えた程度。

【送料無料】Acer 19.5型ワイド液晶ディスプレイ K202HQLAbmix (非光沢/ 1366×768/ 200cd/ 100000000:1/ 5ms/ ブラック/ ミニD-Sub15ピン・HDMI)【在庫目安:お取り寄せ】

価格:11,992円
(2020/5/4 14:51時点)
感想(0件)

Acer、Asus、BenQ、HP、Dellなどの21〜24インチのフルHDディスプレイが1万〜2万円台でお手頃だ。

acer エイサー24型液晶ディスプレイ フルHD/TN 1ms/ブラック KG240bmiix(2409902)代引不可 送料無料

価格:17,800円
(2020/5/4 14:50時点)
感想(0件)

ASUS 薄さ7mm 狭額デザインのスリムモニター 21.5型 VZ229HE 目安在庫=△

価格:16,499円
(2020/5/4 14:49時点)
感想(1件)

【5/1&5/5はエントリーでポイント10倍+10%OFFクーポン】【IPSパネル】HP 24f(型番:2XN60AA#ABJ)(1920 x 1080 1677万色) 液晶ディスプレイ 23.8インチ 超薄型 省スペース フルHD ディスプレイ モニター 新品 PCモニター ゲーミングモニター

価格:13,000円
(2020/5/4 14:53時点)
感想(62件)

【在庫目安:あり】【送料無料】DELL E2318H Eシリーズ 23インチモニタ(良品先出しサービス保証付き)| 家電 ディスプレイ ディスプレー モニター モニタ 液晶 液晶モニター 液晶ディスプレイ 22インチ 23インチ 24インチ パソコン ゲーム ゲーミングモニター

価格:18,458円
(2020/5/4 14:48時点)
感想(0件)

当たり前だが、27インチや4Kなど、ディスプレイが大きく画質が良くなるほど高くなる。

大きさ

大きさは19インチから展開されている。

21インチ、24インチ、27インチ、31インチあたりがメジャーだろう。例外的に15インチほどのモバイルディスプレイも存在する。

これらの大きさからどれを選ぶべきか。

大きさ選びで重要な点、それはデスクの奥行きだ。個人的には目とディスプレイの距離や作業スペースを考えると

  • 〜60cm:21インチ以下
  • 60〜70cm:24インチ前後
  • 70cm〜:27インチ以上

が快適に作業できる奥行き寸法の目安だと感じている。

奥行きが狭いのに大きなディスプレイを買ってしまうと、画面が近すぎて目線の動く距離が増えてかえって疲れてしまう。その上、手元の作業スペースも圧迫されて使いづらいだろう。

十分な奥行きがあるのに小さいディスプレイを購入すると、もうひとまわり大きいディスプレイで快適に作業したかった、と後悔するかもしれない。

なので、先に挙げた目安を参考に大きさを検討して欲しい。

画質の良さ

ほとんどのディスプレイはフルHD(1920×1080)か4K(3840×2160)が主流。

たまに、その中間くらいのWQHD(2560×1600)がある。

24インチ以下だとほとんどがフルHDのディスプレイで、4Kのディスプレイを出しているのはLGやDellくらい。

4Kディスプレイはほとんどのメーカーが27インチ以上から展開している。

作業用と割り切るならフルHDでも良いが、画像や動画を見るときには4Kの方が良い。

また、ディスプレイの見た目の画質に関してはppiが重要な要素になってくる。

ppiは画面あたりの画素数密度のこと。これは1インチあたりのピクセル数を示しており、簡単にいうと画面のキメの細かさを表す。

つまりppiが高いほどキメが細かく画質が良いので、ページを拡大したときの画面荒さが少ない。

ppiはこちらのサイトで計算できる

https://testpage.jp/tool/ppi_dpi.php

僕は13インチのMacBook Proを使っているが、ppiが公称227となっている。

そのため、ppiがMacbookに比較的近いLGの23.8インチ4Kディスプレイを購入した。

LGの23.8インチ4Kディスプレイに関してはメリット、デメリットを含めレビューしているので以下の記事も含めてディスプレイ選びの参考にして欲しい。

ここまでデュアルディスプレイのメリット、ディスプレイの選び方のについて紹介した。

ディスプレイ選びの参考にして欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA