タイ,  チェンマイ

チェンマイ2ヶ月滞在でかかった費用

3月29日、日本に戻ってきた。チェンマイで2ヶ月滞在したわけだが振り返ってみると2ヶ月はあっという間だった。この2ヶ月でどれだけの出費があったのかを公開していく。チェンマイ滞在に興味がある人は参考にしてほしい。

総額

英語教室、食費、カフェ、ツアー、アパート代、生活雑貨など…思い返すと結構いろんな出費があったように思う。

なんだかんだ高くついたんじゃないかと内心不安だったりする。気になるお値段は…

190,000円!!

よかった(笑)。とりあえず全部入れて200,000円以内にしたかったので一応は目標達成できた。

今回日本〜チェンマイはだいたい33,000円だった。内訳は日本〜バンコクが往復約28,000円。バンコク〜チェンマイは行きが夜行列車(約3000円)、帰りは飛行機(約2000円)を使った。なのでそれらの交通費を抜いたチェンマイでの生活費そのものは

157,000円!!

と言うことは1ヶ月78,500円。思ったより安く抑えられたような印象だ。英語教室が約37,000円、他にはバンコクへのショートトリップもしたため節約のつもりが割と遊んでたので出品の面で不安はあったが、どうやらだいぶ健闘したようだ。

次に細かく分けていこうと思う。



語学学校

60時間のグループレッスンで約37,000円。会話コースに通った。授業はテキストは配られるが先生ごと内容はバラバラ。テキストはないようなもので正直雑談の延長みたいな感じだった。会話の機会が得られるのと、先生がネイティブなので生の英語に触れることで耳が慣れる。あと申し訳程度に文法やイディオムみたいなものが学べたりする。友達もできるので案外悪くない。というか何だかんだ結構満足している。

チェンマイで英語留学

食費

家計簿をつけていなかったので食費の総額はわからないが、基本はローカルの食堂や屋台、フードコートなどで1食30〜50バーツ(約105〜175円、2019年4月換算)で安く済ませることが多かった。クラスメイトと食事をする時はちょっと綺麗なレストランに入って料理を何皿かシェアして、割り勘で1食120〜200バーツ(約420〜700円)ほどだった。よくいくメンバーの中では一番年下で、大学生ということもあり一番貧乏だった。なのでもしかしたら安めのレストランになるように気を遣われていたかもしれない(笑)

カフェ

カフェはほぼ毎日行っていた。1日2回行くこともありカフェイン中毒ぎみだったと思う。コーヒー1杯は40〜70バーツ(約140〜245円)。もはや屋台の1食分の食費より高い(笑)

アパートのwifiが繋がりにくいと言うこともあり、毎日勉強しに行ったり動画を見たりしていた。そういう意味ではアパートに引きこもりにならずに済んだが、結局カフェこもりになっていたのであまり変わらないかもしれない。安くておしゃれで居心地がいいカフェが多かったので本当に快適だった。これだけでもチェンマイにいる価値があると思う。

日本に戻ってきてからはチェンマイのカフェが恋しい。日本のカフェは高いしインテリアなどの内装がなぜか微妙で、人は多くて店は少なく、従って選択肢が少ない。また、長時間いるのは居心地が悪く感じる。正直カフェのためだけにチェンマイに戻りたいと思っている。突き詰めると、チェンマイが好きというよりチェンマイのカフェが好きだというのが本質に近いとさえ思う。チェンマイカフェロス症候群発症中。

アパート代

1ヶ月4,500バーツ(約16,500円)を2ヶ月借りたので33,000円。厳密には日割り計算したのでもう少し安いが。電気代水道代は忘れた。水は安く電気代が高かった印象がある。

チェンマイで生活してみた

首長族半日ツアー

首長族の4時間の半日ツアーに参加。700バーツ。ツアー時間の約半分はミニバンに揺られていただけ(笑)。後ろ席しか空いていなかったので振られて酔った。首長族の村や生活様式を再現したような観光地化された狭いエリアに、本物かはわからないがリングをはめた首長族の方々がいた。どのようにはめるのか疑問だったが、リングは真鍮のコイルでできており、伸び縮みするので案外簡単にはまるようだ。本格的な首長族に会いたかったらチェンマイからさらに北、車で3時間半ほどのところにあるメーホーソーンという町がいいらしい。安いツアーだったので内容は期待外れ感があったものの、首長族に会えたのでまあ良しとしよう(金欠の戯れ言)。

バンコクショートトリップ

チェンマイからバンコクへ。ベトジェットで往復5,000円くらい。ホステル代が1泊のみで1000円だった。バンコクは地下鉄や高架鉄道が走っているので移動はそれなりに楽だが蒸し暑く気候に関しては快適とは言い難い。チェンマイのように少し歩けばカフェがあるということもなかなかない。とりあえずショッピングモールに避難しよう。王宮やナイトスポットに行こう。

バンコク ショートトリップ



まとめ

チェンマイは物価が安いので航空券などを入れて、語学学校に通ったりしても2ヶ月200,000円、航空券を含まない滞在費・生活費だけで言えば2ヶ月160,000円ほどで生活できてしまう。英語学校に通わなかったり、食費を安くしたりカフェの頻度を減らすなどの節約をすることができれば2ヶ月の生活費が100,000円を切ることも夢ではない。つまり1ヶ月の生活費が50,000円ということだ。金欠になったらとりあえずチェンマイに行こう。

最後にこれだけは強調しておきたい。チェンマイのカフェ最高(確信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA