西海岸,  アメリカ

サンフランシスコ 霧のかかる街

バスを降りると、そこは霧国だった

せっかく西海岸に来たからサンフランシスコにでも行くか、と思い夜行バスで行ってみた。

Greyhound グレイハウンドバス 乗り方

ロスアンゼルスからの所要時間は大体7~8時間くらい

夜10時発で朝の5時半過ぎについた

まず、めっちゃ寒い。

夜や早朝は上着必須。薄手のパーカーでもどうにかなったが、それでも寒く感じた。なんならマフラー巻いてたりダウン来てる人すら見かけた。夏は霧がかかりやすく、むしろ秋の方が晴れて気温も高いそうだ。

ロスアンゼルスよりも都市という感じがした。アメリカのITをけん引するシリコンバレーが目と鼻の先にあると思い出し納得。サンフランシスコ南部からサンノゼにかけての一帯にはグーグル、インテル、アップル、Facebookなど世界的に有名な企業の本社がある。また全米屈指の名門校スタンフォード大学もある。


サンフランシスコと言えば起伏に富んだ地形とケーブルカー。レトロな雰囲気が何とも言えない良さを演出している。またゴールデンゲートブリッジも有名だ。おぼろげな記憶をたどると、高校の修学旅行のときは晴れてゴールデンゲートブリッジがよく見えた。時期は10月で、霧も少なく観光にはうってつけだと思う。しかし今回は霧がかかっていたのでよく見えなかったため断念してしまった。泊ったユースホステルでは10ドルくらいでゴールデンゲートブリッジの自転車ツアーを予定していたが、天候が悪かったため中止になってしまい、結局行かずに終わった。自転車を借りるなりバスを使うなりして自力でいけばよかったと若干後悔した。

http://www.sftravel.com/cable-cars

坂道が多いので移動は徒歩よりも断然交通機関を使った方が便利。ただし時間の読みにくいバスが主な交通機関なのでそんなに便利じゃなかったりする。

 

ゴールデンゲートブリッジではない!

沿岸沿いからはビル群を見渡すこともできる。また公園もおおく、弓矢のモニュメントも突き刺さっていた。


監獄として有名なアルカトラズ島

遊戯王にあったな。城之内死す懐かしい。

フィッシャーマンズワーフ

ちょっとした遊園地みたいなのがあって家族連れでにぎわっていた。観光客によって餌付けされたアシカが集まる場所もある。海の若干生臭いにおいや大量に浮かんでいるボートが港町として栄えた過去を思い起こさせてくれる。

周辺にあったハンバーガー屋でハンバーガーを買ってベンチで食べてみた。曇り空の海を眺めて食べるハンバーガーはよどんだ味がした。

意外だったのが、レタスがたくさん入っていたこと。たいていのハンバーガーはレタスが申し訳程度に入っているものだが、これに関しては違った。新鮮な大きめにちぎられたレタスがぎっしり入っていた。ヘルシー路線かなと思った。

食べているあいだ、おこぼれを狙おうとしている海カラス的な奴が終始周りをうろうろしていた。


サンフランシスコは魅力ある街だが、十分に楽しめなかったのが実情だ。街を網羅しているのはバスだが、どこまで行くのかわかりづらいし、交通量に左右されるので時間通りに来ないし一回2.75ドルなので不便。寒いし霧かかってるので、正直夏のサンフランシスコはお勧めしない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA