TOEIC

1年でTOEICスコアを500→745にスコアUPした僕の勉強法

TOEICのスコアがなかなか上がらなくて悩んでいる人はいないだろうか。

僕も学生時代はTOEICスコアが伸びずに苦労していた。

英語は嫌いではなくむしろ興味はあった。実際、アメリカやイギリスなど英語の国を旅行したし、毎日洋楽を聴いて、洋画や海外ドラマも頻繁に見ていた。

しかし英語力自体は皆無だった。

学生時代に最後に受けたTOEICスコアは500点。海外に興味がある割には全くひどい点数だった。

しかし、1年間しっかり勉強することで点数を劇的にアップさせることができた。

僕は2020年1月から同年12月の1年間でTOEICスコアを500→745と245点もスコアアップさせた。

そこで、僕ばどんな教材を使って、1日何時間勉強したのか、1年間の勉強スケジュールがどんなものだったのかを伝えていこうと思う。

スコアアップを目指している人は参考にして欲しい。

使った教材の紹介と年間の勉強スケジュール、総勉強時間

これが僕が1年間に使った教材。

単語帳金のフレーズ、英単語出るとこだけ
参考書中学英文法で600点、2ヶ月で600点
問題集文法問題でる1000問、公式プラクティス リスニング編
模試形式の問題集究極の600問、公式問題集6

勉強の大雑把なスケジュールは以下の通り。

教材勉強時間
1〜4月金のフレーズ平日、休日:0〜30分
4月中旬〜7月金のフレーズ
中学文法で600点
2ヶ月で600点
平日:1〜1.5時間
休日:2〜3時間
8〜11上旬金のフレーズ
TOEIC公式リスニング問題集
英文法出る1000問
平日:1〜1.5時間
休日:2〜3時間
11月中旬〜テスト前日
(約4週間)
究極の600問
英単語出るとこだけ
公式問題集6(テスト前日の予行演習)
平日:2時間
休日:8〜9時間

1〜4月は単語帳をぱらぱら見ていただけで本格的に取り組んではいない。全く勉強しない日もあった。

本格的に勉強し出したのは4月中旬になってから。

4月中旬〜11月上旬までは1週間で10時間くらい勉強していた

11月中旬からテスト前日までは最後の追い込みをかけていたので1週間で25時間くらい勉強した。4週間で100時間も勉強した事になる。

全て予定通りではなく、たまに予定が入ったりしたので正確ではないが、ざっくり見積もった総勉強時間は400時間といったところ。

これから教材を使った月毎の勉強の進め方を紹介する。

月ごとの勉強の進め方

4月中旬〜7月:基礎 平日1〜1.5時間、休日2〜3時間

平日休日
4月中旬〜末文法で600点:章の半分
金のフレーズ:単語の確認
文法で600点:章の半分
金のフレーズ:単語の確認
5月〜6月文法で600点:4月の復習
2ヶ月で600点:1日1セクション
2ヶ月で600点:平日の復習
金のフレーズ:単語の確認
7月2ヶ月で600点:復習2ヶ月で600点の復習
金のフレーズ:単語の確認

中学文法は全部で8章あり、1日に章の半分を進めたので16日で一通り終えるスケージュールでこなした。9章のテストは全部終わってから土日の空いてる時間に解いた。

中学レベルだからといってあなどってはいけない。

500点ジャストだった僕にとっては忘れていることが多く目から鱗状態だった。こんなことやったっけ、というような新しい発見(授業中に聞いてなかっただけ)の知識もいくつかあり、学生時代に真面目に勉強しなかったことを今更ながら後悔した。

中学時代に理解があやふやだった箇所が10年越しくらいに理解できて感動したりもした。

僕は基礎がガタガタだったのである程度の勉強時間を必要とした。1日に章の半分までと決めたのは消化不良を起こさないようにするため。

4月中旬〜4月末で1周したあと、5月中は「2ヶ月で600点」と並行して2周目をこなし、知識の更なる定着と理解不足の項目の再確認をした。

TOEICは中学文法が固まればかなりの問題を解くことができるようになる。

本格的な文法書と違ってページ数が少ないため、定着しないで忘れていたところや理解できていなかったところが効率的に復習できるのでおすすめだ。

「2ヶ月で600点」は5日×8週間で約2ヶ月分の問題を収録している。1日6〜10ページなので1回30分〜1時間くらいで終わる。

人によっては分量が少ないと感じるかもしれない。

が、TOEIC対策をし始める頃はまだ長時間の勉強には慣れていないと思うので、これくらいの分量の方がペースを維持しながら無理なく進められるのでいいと思う。

基本知識の確認や問題を解く上でのテクニック、問題演習を1冊である程度網羅しているのでオススメ。

「2ヶ月で600点」は5月に始めたので6月末に1周目が終わった。知識の定着や、抜け・漏れの確認の意味を込めて、7月は2周目をこなした。

一度こなしていたので1回目よりスムーズに進むと考え、1ヶ月で復習するスケジュールを組み、予定通り7月で2周目を完了した。

ただしこれ1冊で600点に到達するかどうかは微妙だ。隅々まで完璧にこなせばいけるとは思うが、そこまで根気よく1冊を完璧にできる人は少ないと思うし明らかに演習不足だ。これに加えて公式問題集など模試形式の問題演習は必須。

金のフレーズは4月までは毎日こなし、5月以降は休日だけやっていた。

1回で1〜1000まで全ての単語を確認した。

赤シートで単語を隠して意味を思い浮かべられるか確認。

1つの単語にかけるのは大体1〜2秒、長くて5秒くらい。それで意味が出てこなければ意味を確認した後に例文を5回音読という流れ。

例文を音読して文章と一緒にイメージして暗記できるようにした。

このペースで進めると1〜1000まで40〜50分くらいで終わる。

この方法だと単語の順番で意味がわかるようになるので下から上に流したり、1000から1に逆流したりとアレンジを加えて丸暗記にならないようには工夫していた

7月までは基礎を固めた感じ。

8〜11月上旬:応用 平日1〜1.5時間、休日2〜3時間

平日休日
8月〜10月出る1000問:1日2ページ出る1000問:平日の復習
リスニング:1日20問くらい
金のフレーズ:単語の確認

苦手意識があり、また、長文読解やリスニングの理解にも役立つと思ったので文法に力を入れることにした。リスニングはおまけのようなもの。することが思いつかなかったので、とりあえずリスニングをやった感じ。

ちなみに写真の公式プラクティスは何世代か前のもので、最新版ではない。

平日は「出る1000問」を毎日2ページ、10問くらい進めた。

出る1000問は文法問題を1000問も収録しており、文法力に磨きをかける、PArt5の問題形式やスピード感に慣れるのに役立つ。

問題は項目ごとに7章で分かれている。品詞問題のボリュームが多く、最初から順番に進めると品詞問題に偏ってしまうので章を横断するように進めた。

1日目は品詞を2ページ、2日目は動詞を2ページ、3日目は前置詞・接続詞を2ページ…というように進めて全項目をまんべんなく勉強するようにした。

ただ、TOEICの文法問題は品詞問題が3割くらいを占めるので、本番まで時間がない人は品詞を集中して勉強する方がいいと思う。

1問20秒のペースを意識するためにタイマーをセットして問題を解き、回答と解説を確認。

わからないところは「中学文法で600点」を引っ張り出して確認。次の日は前日に間違えた箇所を確認してから新しい問題を解いた。

時間を測って解いたが、品詞問題はぱっと見ですぐに答えがわかるので時間があまり、逆に代名詞問題や前置詞・接続詞問題、関係代名詞は少し考える時間が必要なので制限時間内に終わらないことが多かった。

Part5の戦略としては、品詞問題は即答して他の問題に時間をかけた上での「1問平均20秒」だ。なので、例えば品詞問題を5問解くときは、タイマーは1分40秒=100秒ではなく50秒でいいと思う。逆に他の時間がかかりがちな問題はタイマーを2分とかに設定して解くのがいいと思う。

1問1答のような形式なので解説が物足りないかもしれなが、「中学文法で600点」と「2ヶ月で600点」で文法の基礎はある程度固まっているので割と理解できるようになっているはずだ。もし分からなければそれらの参考書に戻って確認すればいい。

それでも分からない問題は、600〜700点台を狙っているなら無視して構わない。難問は解けなくても745点には到達できるからだ。どうしても気になるならGoogleで調べよう。

ノートを作るのがめんどくさかったので基本は問題と回答はすべて付箋でこなすようにした。こうすれば前回どこを間違えたのかノートを出さなくてもすぐにわかる。意味が取れなかった単語は線を引いてわかるようにしたり、説明不足の箇所は細く説明を書き加えたりした。

付箋を貼ったり、直接書き込むことでノート作成の時間やノート整理の手間を省けて効率がいいと思う。

リスニングは土日に集中して勉強した。

プラクティス リスニング編は問題タイプ別の解説があって、その後問題演習があり、章の最後にまとめの実践演習がある。

問題のタイプや解き方は「2ヶ月で600点」で学んでいたので、音になれることを目的として活用した。そのため全てはやらず、問題演習や実践演習のところだけを活用した。

単語がつながって聞き取れないところは戻って何度も聞き直して、しっくり来るまで何度も音読してリスニング力向上に努めた。

金のフレーズは今までと同じで休日に単語の意味を確認した。

10中旬月〜11月上旬あたりは勉強疲れと気の緩みで勉強時間が減っていた。ちょっとしたスランプの時期だったと思う。

問題演習を通してある程度の応用力が身についたと思う。

11月中旬〜テスト前日:実践 平日2時間、休日8〜9時間

平日休日
11月中旬〜テスト前日英単語出るとこだけ究極の600問

会社で定期的にTOEICの講座が開かれており、その講座の勧誘を受けたので受験することにした。教材として届いた「究極の600問」、「英単語出るとこだけ」をこなした。

昇給にも関係するようだったので11月からは本気で取り組んだ。そのため1日の勉強時間が劇的に増えて最後の追い込みをかける形となった。

土日はTOEICの対策で丸一日潰れた。TOEICに専念するためにブログ更新も止めるくらい本気で取り組んだ。

この追い込みのおかげで、4月から勉強して蓄積されてきた知識やテクニックがうまく統合され、スコアの劇的なアップにつながったように思う。

「出るとこだけ」は赤シートで単語を隠して意味がわかるかテストした。次に例文を赤シートで隠して文の意味がわかるか確認した。

その後ダウンロードした音源を聴いて単語の発音の確認、例文の確認をした。

金のフレーズでは異単語に1つの意味だったのに対し、こちらは複数の意味が載っていたので金のフレーズで抜けていた意味を補うことができた。単語帳は2冊は使ったほうがいいと思う。

究極の600問は、200問の模試形式の問題が3回分収録されている。最後の仕上げに最適。

勉強の進め方に関しては推奨される3回法という勉強法を割と忠実に再現した。

  • 1回目:2時間を測って問題を解く。
  • 2回目:時間無制限で解く。
  • 回答、解説を確認して完全に理解する。
  • 3回目:最低1週間空けてもう一度解いて完全理解できたか確認。←やってない

とういうものだった。つまり3回分のテストで合わせて9回解くことになる。

1回目では時間制限をつけたテスト力を測る。

2回目は時間無制限なので、現時点での限界力を測定する。その後答え合わせと解説を読んで完全に理解し、3回目で完全に理解できたものが定着したかを確認する。(時間の関係上、3回目はやらなかったが)

この勉強方法は丁寧にやると回答に8時間、解説の理解に8時間と、ものすごく時間がかかって正直かなりつらい。しかし確実にスコアアップにつながるので絶対にやるべきだ。

僕は3回分のテスト全てでこのやり方を実践した。自分の実力が上がるのが実感でき、結果として745のスコアを取ることができた。

具体的にどのように進めたのか説明する。

1回目は時間を測るので2時間で終了するが、2回目はリスニングを何回聞き直しても長文を何回読み直してもいい。そのため5〜6時間は普通にかかった。

問題を解くだけで1日が消え去る。

回答と解説の確認もまる1日かかる。

リスニングの解説では、単語が重なって聞き取れなかったところは何度もしつこく聞き直し、回答の英文を見ながらしっくり来るまで音読する。一回聞いただけで文意を連想できるようになることを目指した。

文法はなぜこの選択肢が正解かを理解したら、一回読んだだけで大まかな意味がとれるくらい読み直した。

リスニングと文法は文章が短いので1つ1つ丁寧に確認したのでかなり時間がかかった。

ただ、長文は全文を理解するのは時間がかかりすぎる。なので、まず日本語訳を全て読んで、問題を解いていたときに自分が連想した全体の文意のとあっているかを確かめた。

その後わからない単語の確認、問題と解説を読んで日本語訳と照らし合わせながらなぜ答えが正しいのかを理解した。

最後に、答えにつながる文や、どうしても文意が取れず理解できなかった文だけを理解するようにした。

このように丁寧に復習すると、復習だけで普通に7、8時間ほどかかってしまう。そのため11月から本番までは土日はTOEICで完全につぶれた。

午前中に勉強を開始したと思ったら、気づいたときには昼過ぎになっている。そして気づいたときには外が暗くなっている。気づいたときには夜10時を回っている。

そんな感じだった。

最後の追い込みで実践的な応用力を身につけ、テストに慣れで本番に備えた。

挫折しないで勉強が続いた要因

モチベーション維持

具体的な目標を設定していたこと、過去の自分と比べて成長したことを実感したこと、目標達成後のメリットを描いていたことがモチベーション維持につながったのではないかと思う。

僕は5月から本格的に勉強を始めて、6月終わりのTOEICで600点、年末までに700点に到達することを目標にしていた。(6月のTOEICはコロナで中止になったので、結局12月まで受けなかった。)

そして700点の次は860点をこえるのを目標にしていた。

具体的なスコアを設定していたのでそれがモチベーションアップにつながったと思う。実際、目標は具体的であればあるほど達成しやすい。具体的な目標を掲げたことで具体的な計画も立てることができた。これが目標達成につながったと思う。

また、僕は先週の自分と今週の自分を比べて、先週より語彙力が上がった、リスニング力が上がったと噛み締めるようにしていた。過去の自分と比べて自分がどれだけ成長したかを実感ことでやる気が維持できる。

加えて、TOEICスコアが上がった後にどのようなメリットがあるのかを思い描いた。

僕の場合は英字新聞が読める、英語ニュースが聞ける、英語の本が読めるようになることを期待していた。英字新聞を読んでドヤりやい願望があった(笑)。あと、将来海外で暮らしたいという思いもある。

僕はインドネシアで6年暮らしたことやタイで2ヶ月間なんちゃって語学留学をしたことがある。一方でアメリカやイギリス、オーストラリアのような英語を使う先進国には旅行で行ったことはあるが長期滞在したことがない。それで、将来そのような英語を使う国で暮らしたいという願望もなんとなくあったりする。

このような願望を抱くことでモチベーションを維持できた。

そして最後に自分へのご褒美を設定していたのもある。

TOEICで650点越えたらMac miniを購入することを自分へのご褒美にしていた。それでなんとしても650点を越えようと努力できた。

手応えを感じたので結果が出る前に購入したが(笑)。

具体的な目標設定、自分の成長を実感すること、目標達成したときのメリットをイメージすること、自分へのご褒美を設定することはモチベーションの維持に役立つ。このテクニックに関しては「やり抜く人の9つの習慣」という本を参考にした。

一人暮らしという環境

僕は現在一人暮らしをしている。一人暮らしという環境が集中力維持や勉強を続ける上で役立っている。

実は実家には自分の部屋がないので集中できる勉強スペースがなかった。

休日家にこもっていようものなら親から白い目で見られるので、どこか別の勉強場所を見つけないといけない。このため学生時代は勉強スペースを見つけるのに苦労した。

大学の共有スペースはうるさくて集中できない。

図書館は周りに人がいて気になる。図書館のように人がいるのに静かすぎるという環境が不気味に感じて集中できない。

カフェはただでさえ周りの目が気になって集中できないのに、長時間いると気まずくなるので余計に集中できない。

どこにいてもあまり集中できず、勉強した割に実力が上がった気がしなかった。

社会人になった今、一人暮らしするようになったので学生時代よりはるかに効率よく勉強できる。

一人暮らしなら休日家にこもって勉強しても親に何か言われることはない。周りの目を気にすることもなく、うるさすぎず、適度に雑音も入って自然と集中できる。

僕にとって一人暮らしは最高の勉強環境だ。

勉強する環境が悪いと勉強そのものを放棄したくなる。実際、

集中できない→勉強しているフリをしているだけ→勉強時間の割にスコアが全く上がらない→ストレスが溜まる→勉強しなくなる、と悪循環しかない。

しかし適切な勉強環境が整えば、

集中できる→ちゃんと勉強している→勉強した知識が身についてスコアが上がる→楽しくなる→勉強したくなる、と好循環が生まれる。

勉強するほど楽しくなってもっと勉強したくなる。この好循環が生まれたのが大きい。

ぼっち体質でソロプレイ好き

ぼっちでソロプレイが好きなのもTOEICの勉強を維持するのに役立ったと思う。

ぼっち故に友達がいないため、平日や土日をTOEICの勉強に費やすことができる。特に最後の追い込みをかけた11月中旬〜試験当日までは、先述の通り土日は1日8時間も勉強していた。

毎週末は友達と出かけるような人はこれほどの時間は捻出できないだろう。

勉強するから、といって自分だけ出かけないと、友達がどんなアトラクションに行ったり、自分がいないところで何か言われてないか、など気になることがたくさん出てくる。また、LINEやTwitterなどSNSも気になって集中力が削がれていたかもしれない。

僕はぼっちなのでそういった余計な心配はないので持てる時間を全てTOEICに費やすことができた。

僕は元々ソロプレイが好きで、それが原因でぼっちになってしまったというのもある。ただ、一人で頑張るのが自然と身に染み付いているので、一人で孤独にTOEICの勉強をすることはそれほど辛いと感じない。

気づくとTOEICの勉強にハマり出していた。単語を覚えたり音読する作業にハマったのが点数アップにつながったと思う。

745点とった感想

最初は驚きと嬉しさがあったのだが、冷静に考えたらそんなに嬉しくない、というのが率直な感想だ。

当日受験した時の手応えは「600点越えは確実、もしかしたら650点越えて680点くらいいったかも」という感じだった。

そしていざ結果を見るとまさかの745。結果を見た時はもちろん嬉しかった。

しかし実際のところはというと、英語のニュースが読める、聞けるレベルには達していない。海外のYouTuberが言っていることもわからない。

基礎が固まったのはわかったが、実戦にはまだまだ足りないという感じだ。

730点超えれば結構英語できるヤツになれると思っていたのだが、思っていたのと違う、コレジャナイ感が漂っている。

TOEICで700点こえたという記事はネット上でも散見されるし、勘や塗り絵を引いた実力は680点くらいだと思う。680点レベルでも勘と塗り絵で700点は越えてしまう。

700点を越えることはそれほどハードルが高くないのではないか、と感じており、そう考えるとそれほど嬉しく無くなってくる。

もっと勉強が必要だと感じた。

まとめ

TOEICスコアを1年で500→745にスコアアップさせた僕の勉強法を紹介した。

スコアアップには地道な努力が必要だ。

リスニングは単語が重なって聞き取れないところは何度も聞き直して音読したり、リーディングも一読してある程度意味が取れるようになるまで意味を確認したりした。

究極の600問では1回のテストにつき問題を解くのに8時間、解答・解説を確認して理解するのに8時間もかけた。

スコアを上げるためにはこのような相応の努力、勉強時間が必要だとわかったと思う。

全てが参考になるとは言えないが(特に一人暮らしの環境要因やぼっち体質など)、使った教材や勉強方法など参考になるところは真似て、是非ともスコアアップに活用してほしい。

僕自身は、次は860点を越えることを目指して勉強を続けていく。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA