就職・就活

【フォクスセンスの革靴レビュー】安くてコスパ最高でおすすめ

就活生、社会人になれば革靴を履く機会が増える。

革靴はスニーカーに比べて値段が高く気軽に手を出しにくい。特に、お金のない就活生や若手社会人にとって、革靴の出費は思ったよりこたえるものだ。安くて品質の良い革靴があったら良いと思わないだろうか。

また、ある程度お金に余裕がある人でも、通勤用やローテーション用に履き潰せるリーズナブルな革靴のニーズはあると思う。

しかし安い革靴を買うのは何かと不安が残る。見た目の安っぽさ、履き心地の悪さ、疲れやすさなど、気になる点がいくつもある。

それらの不安点を払拭しつつ、手軽に買えてコスパに優れた革靴はないだろうか。

そこで僕がオススメしたいのが、1万円以内で買えるフォクスセンスの革靴だ。

作りが丁寧でサイズも日本人の足にあった革靴を展開している。実際に購入して履き心地を調査したので参考にして欲しい。

フォクスセンスとは?どこで買える?

フォクスセンスは中国の革靴製造メーカー。

製造は中国だがデザインは日本人が行っている。そのため日本人の足の形状にあった革靴を提供しており、履き心地の良さやフィット感が特徴。使用する皮はイタリア天然牛革で、製法は安価なセメント式ではなく手縫いで行う。

素材や製法にこだわりつつ、日本人にフィットする形状の靴を提供している。

ただ、素材に関しては全てイタリア天然牛革というわけではなく、より安価な下位モデルや防水加工されたモデルでは合皮や牛革を使用している。

ラインナップは豊富で、ストレートチップ、プレーントゥ、モンクストラップ 、ウィングチップ、Uチップ、ブーツ、ローファーなど一通り揃っている。

ほとんどの商品は1万円以下、安いものだと5,000円以内で買えるものも。

実店舗はなくアマゾン、楽天、Yahooといった通販サイトで扱っている。そのため人件費を抑えることができ、安価に質の良い革靴を販売することができる。

サイズはいつもより小さめに

フォクスセンスの革靴のサイズは幅広な3E設計になっている。

Eは足の横幅の長さのことで、これが多ければより幅広ということになる。国産革靴のサイズ展開は2Eが多い印象。僕が持っているリーガルの靴も2E。

そのため、フォクスセンスでは普段の革靴サイズ-0.5cmが推奨サイズとなっている。レビューでもジャストフィットになったという書き込みが見られる。

https://www.amazon.co.jp/dp/B081K62PYZ/ref=sspa_dk_bot_detail_aax_0?psc=1&spLa=ZW5jcnlwdGVkUXVhbGlmaWVyPUEyRVVHRTFXSTNRWFVSJmVuY3J5cHRlZElkPUEwMjEwNjg4SFRIMzk0REcxWVUxJmVuY3J5cHRlZEFkSWQ9QTNVWEhVRE41SzlFUzQmd2lkZ2V0TmFtZT1zcF9kZXRhaWxfZW5kY2FwX3NoYXJlZCZhY3Rpb249Y2xpY2tSZWRpcmVjdCZkb05vdExvZ0NsaWNrPXRydWU=

外羽根ストレートチップのレビュー

内容

僕が購入したのはこちら

イタリア天然牛革を使用した外羽根ストレートチップ。約1万円。

プレーントゥは一文字がないためのっぺりした印象を抱きがち。一文字があり外羽根のデザインで好印象だったため購入した。

セット内容は革靴と小さめの靴べら。

このサイズの靴べらが同梱されているのは親切。どこかで靴を脱ぐ機会があるかもしれないので、カバンに一つ入れておけば何かと役立つはず。靴の中には形状に合わせた発泡スチロールの型が入っているので、捨てずに取っておけば革靴の形状を維持するのに役立ちそうだ。(結局捨てたが。)

造形

全体的な造形は悪くない。見た目に安っぽさは感じられず、むしろ普通にかっこいい。このレベルが約1万円で買えるというのは正直感動した。

リーガルの靴との比較

普段使っているリーガルの靴は26.5。こちらは26で購入した。縦方向はサイズダウンしたが横幅は広くなっている。フォクスセンスの靴がゆとりある設計になっていること分かるだろう。

履き心地は柔らかく、シワになりにく

実際の履き心地はどうだろうか。

初めて履いたときは正直ジャストフィットすぎてやや窮屈だと感じた。もしかしたらサイズ選び間違えたかも、と思った。

しかし商品ページにもあるように皮が柔らかいため、歩いているうちに慣れてくる。1日履いたあとはそれほどキツさを感じなくなった。低反発のソールは地面からの衝撃を緩和してくれるので、歩き心地が軽快で変に疲れるということもなかった。

かかと部にはクッション性の膨らみがあるため脱げにくい仕様になっている。

3回履いてみた状態がこちら。

シワがうっすらとできている。シワのつき方は自然な感じで変なつき方はしていない。

週2〜3回のローテーションで1ヶ月履いてみた結果がこちら

割とハードに使ったが、皮が柔らかいため大きなシワにはなっていない。

走れる

皮が柔らかいため全力でダッシュすることも可能。その場合でもシワがほとんどできないのは素晴らしい。

通常の革靴でも走ることはできるが、硬くて走りづらいし不自然なシワが広がってしまう危険もある。

いくら気をつけていてもたまには寝坊することもあるだろう。電車やバスに乗り遅れないように駅までダッシュするかもしれない。そのようなときにこのフォクスセンスの皮靴を履いていれば、走りづらさやシワを気にせずに済む。

この点からも、普段使いに最適な一足と言える。

追記 ブラックを追加購入

 1ヶ月以上はいて履き心地が気に入ったのでブラックを追加購入

ブラックフライデーのタイムセールで約2000円お得に購入できた。

ブラウンとの比較

内容は、ブラウンの時に入っていなかった説明書が同梱されていた。

商品ページには書いていなかった交換、返品、製品保証の規定が書かれており、こんな大事な説明書を入れないのはちょっと問題な気もする。

交換、返品、製品保証

試し履きしてサイズが合わない、デザインや色が気に入らない場合、販売に影響がない状態(ほぼ新品)の靴なら7日以内であれば理由なく返品可能。

また、サイズ交換可能品にかぎり、1回は返送料無料でサイズ交換可能。

3ヶ月以内に不具合や破損が起き、調査の結果初期不良が原因だとわかった場合は交換、修理が可能とのこと。

しかしこれらの保証は商品ページには書いておらず、説明書をみて初めて知った。

デメリット

ニオイ

履き続けて分かったデメリットは靴が若干くさいこと。

最初は梱包のせいで、そのうち取れるものだと思っていた。が、履き続けても取れないので製品そのものから発せられていると分かった。それほどきついニオイではないが、履こうとして靴に顔を近づけると漂ってくる。

表面の生地は天然牛革だが、他の部分では合皮を使っていると思う。そうでなければこれほどの安さは実現できないはずだ。

そのためニオイはこういうものだと割り切るしかない。

シューツリーを入れてもニオイは取れないので気になる人は購入を控えた方がいい。

幅広感

先程のリーガルとの比較写真をもう一度見てもらいたい。

単体でみるとそれほど気にならないが、こうやって並べてみると幅が広すぎる感があり、ちょっと不恰好にも見える。

ただ、リーガルの方は先が長めなのでそれも影響しているだろう。

個人的には優れた造形だと思うが、スタイリッシュな革靴が好きな人は購入を控えた方がいいかもしれない。

説明書がない

ブラウンとブラックを購入したわけだが、ブラックに説明書が入っていたのに対しブラウンの方にはなかった。

交換、返品、製品保証にはかなり大事なことが書かれており、この説明書が入っていないのはちょっと問題かと思う。

まとめ

フォクスセンスの革靴について紹介した。

ニオイが気になったり、履き心地ゆえに幅広に感じるなど多少のデメリットはあるが、価格、履き心地、造形のバランスはよく、総合的にみるとかなり満足のいく買い物だった。

柔らかい皮を使用しているためすぐに足になじみ、歩き心地も軽く疲れることもない。

シワのつき方も自然で安い靴にありがちな不安を見事に払拭する結果になった。

柔らかさゆえに走るなどのハードな使用にも耐えうるため普段使いに適している。価格と普段使いの履き潰し用途としてのニーズがちょうど良いところで折り合いがついている商品だと言えそうだ。

製品保証が入っていないこともあるが、本ページを読んだ人は対策もバッチリだろう。

カラーは黒とブラウンなので2個同時購入も十分にありだと感じるクオリティの高さだと感じた。

お金のない就活生や新社会人や、ローテーション用、通勤用の革靴を探している人にぜひオススメしたい。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA