Apple

【Apple】MacBookに最低限必要なアクセサリー

MacBook ProやMacBook Airは、その洗練されたデザインや優れたインターフェースから、多くの人を惹きつけてやまない。

そんなMacBookシリーズを、高いお金を払ってようやく手に入れた人も多いだろう。

しかしMacBookは購入したらそこで終わりではない。

拡張性の低さを補うためにハブが必要だし、長く愛用するために本体や画面を保護するアクセサリーも必要だ。とはいえこれらのアクセサリーは決して安いものではない。あれもこれも手を出せば更なる出費がかさむことになる。

そこで、MacBookシリーズの購入に合わせて最低限揃えておきたいアクセサリー類を紹介する。

メディアハブ(変換アダプター)

MacBookシリーズを購入するなら必須なのがメディアハブだ。

MacBookの端子はUSB -cしか備わっていない。

このままでは従来のUSBやSDカードのデータをやり取りすることができない。USBやSDカードは現在も広く普及しており、これらのデータを扱えないというのは不便。

プロジェクターにつなぐためのHDMI端子挿入口もない。

昨今、学校や会社で、ノートPCを使ってパワポで発表する機会も多いことと思う。そのような場面でHDMI挿入口がないのは致命的。

その拡張性の低さを補うのがメディアハブだ。

ハブの種類にはケーブル型と一体型がある。

ケーブル型はカーケーブル部のおかげである程度は動きをつけられる。また、他のUSB -cのデバイスでも使用できるため汎用性が高い。

一体型はMacBookのUSB -cを2つ使って装着するタイプ。一体感と装着時の安定性がポイント。ただし接続方法がMacBookのデザインに合わせてあるため、他の機器との接続は難しい。

汎用性を考えると、最初のハブとしてならケーブルタイプがオススメ。

ハードシェルカバー

MacBook Proを長く愛用するためには本体を保護するカバーがある方が望ましい。

僕が使っているのはLAUTの透明ハードケース。ラバー製ではなくプラスチック製なのがオススメポイント。

ラバー製だと経年劣化で使用感がベトベトしてくる。一方プラスチック製はそのような不快感とは無縁だ。

ケース下部にはゴム製の滑り止めもついているので安定性は高く、机から滑り落ちるリスクがないため安心して使用できる。

アマゾンにはLAUT製品の出品がなかったので、似たような商品をチョイス。

https://www.amazon.co.jp/【elago】-MacBook-アクセサリー-MacBookAir-マックブックエアー/dp/B078X7YXBL/ref=sr_1_1_sspa?__mk_ja_JP=カタカナ&dchild=1&keywords=elago%2Bmacbook&qid=1600944274&sr=8-1-spons&spLa=ZW5jcnlwdGVkUXVhbGlmaWVyPUExMUhaTFY2MjlZR1NGJmVuY3J5cHRlZElkPUEwNTE3NDIwMVpPS1dKV1lCTEM5RSZlbmNyeXB0ZWRBZElkPUEzQTRYNjlDWDJQWFM5JndpZGdldE5hbWU9c3BfYXRmJmFjdGlvbj1jbGlja1JlZGlyZWN0JmRvTm90TG9nQ2xpY2s9dHJ1ZQ&th=1

ProやAir、15、16インチなど幅広く対応している。

ただ、2020年モデルのMacBook Pro13インチのケースとしては使用できない可能性に注意。

こちらの商品はMacBook Pro13インチの2016、2017年モデル対応とある。2016〜2019年モデルはデザインや厚みが変わらないので本製品を装着できる。

一方、2020モデルはキーボードがバタフライキーボードからシザーキーボードへ変更し、全体的なデザインは同じだが厚みがわずかに(0.7mm)増した。そのため2020年モデルは本製品を着用できないかもしれない。

0.7mmの違いならいけるかもしれないが、その場合は自己責任で。

画面保護シート

MacBook Proの美しいRetinaディスプレイを保護するために、保護シートはあった方がいい。

僕が使っているのはこちら。

反射防止とブルーライトカットの機能がついているので、作業性重視の画面保護シートだ。

Retinaディスプレイは裸の状態だと表面が光沢処理されているので光を反射する。

光沢ディスプレイは色写りや見た目はいいが、光が反射して作業がしにくい。

また、長時間作業するなら目への負担を考えるとブルーライトカット機能が欲しいところだ。反射とブルーライトをどちらもカットするので、ブログの執筆やネットサーフィンで長時間画面を見続けた際の目の負担が軽減される。

スマホやタブレットの保護シートを貼ったことはあるが、ノートPCの保護シートを貼ったことは無い人もいるだろう。

このシートは気泡防止の機能を持っている。ある程度の大きさの気泡が入り込んでも、徐々に圧着して気泡を消してくれるのでそれほど心配はいらない。

どうしても心配な人はマグネットを利用して装着するタイプのシートを利用するのも手だ。気泡を気にせず装着して簡単にブルーライトカットや反射防止などの機能を手に入れることができる。

僕自身は使ったことは無いが、レビューを見る限り肯定的な意見も多いので検討してみるのもアリだろう。

シートには反射防止、ブルーライトカット、のぞき見防止など色々な種類がある。 自分のニーズや好みに合ったものを選ぼう。

トラックパッド保護シート

マウスを使わないならトラックパッドの保護シートも忘れてはいけない。

MacBookはトラックパッドが大きく、使い勝手がいい。

僕がWindowsを使っていた頃は、常にマウスを持ち歩いてトラックパッドはほとんど使わなかった。反対に、MacBook Proを購入してからはトラックパッドの魅力にハマり、マウスを使わなくなった。

写真ではわかりづらいが、トラックパッドを使いまくった結果として、中央部分にくっきりと楕円型の跡が付いている。

使い込むと跡が残ってしまうので、マウスを購入する予定がない人、使わなくなった人はトラックパッドの保護をオススメする。

スタンド

こちらは必須ではないがあれば便利というもの。

スタンドで高さをつけることで、猫背改善やキーボードの打ちやすさを向上させことができる。

僕が使っているのはこちら。

傾斜がついてキーボードが打ちやすいし、高さができるため猫背改善にも役立つ。また、本体の下に空間ができるため放熱を助けるのでパソコンのパフォーマンス向上に役立つ可能性もある。

他に、パソコンだけでなくタブレット操作や読書にも役立てることができる。傾斜をつけることで本も読みやすくなるので地味にオススメ。

このスタンドも十分コンパクトになるが、中には折り畳んでさらにコンパクトにまとまるものもあった。

https://www.amazon.co.jp/dp/B088TJHPB6/ref=emc_b_5_i

ただ、コンパクトになるタイプは強度に不安があり、実際にそのようなレビューも見受けられた。

シンプルに折り畳むだけのスタンドがオススメだ。

MacBookシリーズにオススメのアクセサリーを紹介した。購入の際には検討しよう。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA