未分類

頭の左側だけ来てる…抜け毛の原因を勝手に考えてみた

以前より抜け毛が多くなった気がする、と悩んでいる人はいないだろうか。

僕は最近、というか去年の夏頃から頭の左側だけ抜け毛が多いということが気になり始めていた。

シャンプーしたりタオルで髪を拭いたりすると左側の方が抜け毛が多い。シャツを着るときの摩擦でも左側は髪の毛が抜けてしまう。事あるごとに抜け毛の左右差を実感する。

幸いまだ大きく進行してはいないが、毛量の左右差を最も感じるのは鏡の前に立って髪をかきあげたときだ。右側よりも左側の方が若干頭皮が見えやすく、特に風呂上りははっきりと見て取れる。

このアンバランスさが割とストレスになっている。左右均等なら許せるが、なぜ左だけなんだ…

週末に部屋掃除をすると結構髪の毛が落ちていて更に萎える。

とは言えハゲ進行レベルはまだ初期段階にあり、今行動を起こせば間に合う事はわかる。そこで今回、自分の生活習慣や生活環境を振り返って抜け毛の原因を考えてみた。

ハゲの原因と自分の生活状況

ハゲの原因にはストレス、寝不足、栄養の偏り、運動不足、ワックスの使いすぎによる毛穴の詰まり、血行不良、シャンプーの洗い残しなどが挙げられる。

社会人になってからストレスは感じるが、普通に耐えられるレベルでそれほど辛いわけでもない。毎日7時間〜8時間寝るようにしているので寝不足と言うほどでもなく、栄養もある程度バランスを考えて摂るようにしている。

野菜は意識して摂っているし、タンパク質も鶏肉、豚肉、魚から満遍なく摂るように心がけている。ジャンクフードとかカップ麺はここ数年はあまり食べていない。甘いものも週に1、2回くらいしか食べない。

運動は意識してそれなりにウォーキングしてるし、ワックスは毛穴をつまらせるほどたくさんつけてはいない。

このような惨事に至ってしまった原因を勝手に考察していると、血行不良とシャンプーの洗い残しに心当たりがあると感じた。

キーワードは「右利き」?

それに加えて「右利き」がキーワードなのではないかとういう考えにたどり着いた。

僕は現在社会人でエンジニアとして働いているが、当然ながらデスクワークが多い。社会人になる前も毎日スマホ、タブレット、パソコンで動画視聴やネットサーフィンばかりしていた。

スマホやパソコンを操作していると無意識の内にストレートネックになり、それが肩・首回りの凝りを引き起こし、それによって血行が悪くなる。

血行が悪くなると栄養が頭皮に運ばれにくくなるためハゲの原因になる。

僕は右利きなので無意識の内に重心が右側に傾いていることが多く、それによって慢性的に右半身が凝っている状態だ。左はそれほど凝ってないのが右だけ凝っている。

そして、一度は聞いたことがあると思うが、右手は左脳、左手は右脳につながっている。

ということは右手と左の頭皮もつながっているということでは無いだろうか。右肩周りの血行が悪くなり、それが左頭皮に悪影響を与えていると考えられる。

加えて、シャンプーの洗い残しが頭皮に負担を与えてハゲにつながるという話を読んだり聞いたりしたことがある。

シャンプー時は両手を使っているので洗い具合に関しては偏りはほとんどないと思う。

しかし洗い流すときは左手にシャワーを持って洗い流している。これに関しては、右利きであるがゆえに無意識に右側はしっかり洗うが左側が疎かになってしまっている可能性に思い至った。

頭皮の左側は痒みが出ることも多いので、これも左側の洗い残しが痒みにつながっていると考えると辻褄が合う。

最近痒みのせいで夜中起きたりして睡眠の質が下がっているので、それもハゲにつながっている気がする。

最近このようなハゲを改善するマッサージ動画を見つけた。彼のマッサージも実践することで改善を目指そうと思う。

まとめ

以上、僕のハゲが進行している原因を考察してみた。

原因を絞り込めたので、これから毎日ストレッチをして凝りを改善すると共にシャンプーを洗い流すときに左側も意識してしっかり流すといった対策を施し、経過を観察してみようと思う。

今から行動すれば間に合うはずだ。(願望)

最近抜け毛が多いと悩んでいる人は自分の生活習慣を振り返ってどこに原因がありそうかを考察し、それに合わせた対策を考えることから始めてみよう。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA