一人暮らし

ニトリの「点で支える体圧分散敷布団」を使ってみた

一人暮らしをするにあたり、高反発な体圧分散敷布団の購入を検討していた。

高反発の布団は低反発に比べて寝心地はやや劣るが、腰への負担が小さく疲れにくいということによる。実際に今まで実家で使っていたのは高反発タイプだった。

高反発の体圧分散布団といえば〇〇エアーが有名だが値段があまりに高価だ。流石に布団一枚に高額なお金を注ぎ込む勇気はなかったので、他で代替案がないかと調べた。

布団探しで考慮したポイント

購入するにあたって考慮した点は、1万円台という比較的低価格な商品であること。そして高反発・体圧分散に加え、コンパクトさや手入れのしやすさだった。

一人暮らしなので限られたスペースをうまく活用するため、そしていずれ引っ越すことを想定して荷造りをしやすくするためにコンパクトにまとまるものが良かった。

折りたためる布団なら、外に干さなくても立てかければ湿気を除去できるので干す手間を省けると考え、そのような商品を探した。

そこでニトリの「点で支える体圧分散敷布団」を見つけた。

購入してから使い始めてはや1ヶ月が経過したので特徴やメリットを紹介したいと思う。

「点で支える体圧分散敷布団」のスペック

ニトリ公式通販サイトから
ニトリ公式通販サイトから

価格は税込で約15,000円と、点で支えるタイプの布団としては手頃な部類に入るのではないだろうか。

最大の特徴は凹凸状のウレタンフォームで体圧分散ができること

ニトリ公式通販サイトから
ニトリ公式通販サイトから

このように、中にウレタンの小さな突起がたくさん詰まっている。この突起によって体圧が分散されて腰への負担が軽減されるというわけだ。

ウレタンが持ち上げてくれるので低反発布団と違って沈み込まず、寝返りも打ちやすい。

また、布団部分は3つのパートに分かれているので折りたたむことができる。

この特徴を生かして立てかけておけば、外に干さずに湿気を除去することができる。また、折りたたんでおけばコンパクトにまとまって場所を取らないし、厚さが出るため簡易ソファーのように使うこともできる。

使ってみたレビュー

撮影のためにシーツは取り外した

実際に使った感じは、思ったっとおり高反発で沈み込む感じはしない。点で支えられてる感があり寝心地もいい。

開封時はウレタン臭がかなりキツく数日は抜けない。一人暮らしの狭い部屋だと尚更で、初めのうちは外出して帰ってくるとウレタン臭によるうれしくない歓迎が待っている。

横方向、縦方向どちらにも立てかけることができる。

湿気が除去できて便利なのだが、毎日立てかける作業は割と億劫だったりする。

折りたたむと21cmという十分なボリュームが出るため、簡易ソファーとして使うこともできる。

3つのウレタンは完全に独立していてチャックを開閉することでお互いに入れ替えもできる。定期的に入れ替えを行うことでへたりを遅らせることもできるためメンテナンスをしっかり行えば製品の持ちも良さそうだ。


ニトリの「点で支える体圧分散敷布団」は価格、寝心地、コンパクトさで十分満足のいく出来で、メンテナンス次第で長く使える高コスパ商品だと感じた。

布団を購入する予定の人はニトリの「点で支える体圧分散敷布団」を検討してみてはいかがだろうか。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA