タイ,  チェンマイ

チェンマイのカフェ

チェンマイ滞在中は毎日カフェに行っていた。英語学校で知り合った友達にカフェに誘われたのがきっかけだ。日本では全く縁がなかったカフェにチェンマイで初めて行くことができた。

カフェでは勉強やプログラミングやブログなどの作業をしたり、動画を見たりしていた。実際にどんなカフェに行っていたか紹介していく。☆マークで価格をランク付けしていく。☆が少ないと安く、多いと高い。あくまでも参考程度に。

ちなみに、カフェに行く場合はホットアメリカーノを頼むことが多かった。これはアメリカーノが無難だからだ。また、コーヒーは基本的にホットを頼むようにしていた。なぜなら冷たいコーヒーを飲んでお腹を下したことがあったからだ。さらにいうと、どの店においてもホットの方がアイスよりも5〜10バーツ安く、結果お腹にも財布にも優しかった。

☆ 安い(40バーツ〜)

Chao Doi Coffe

ステープ通り沿いの小さなカフェ。ステープ通りはニマンヘミン通りやHuaykaew通り周辺に比べると外国人が少なくローカルな雰囲気なので客層もタイ人率が高い。平日は空いていることが多く、9時くらいに行っても客はほぼ居ない。コンセントも備わっているので作業しやすい。椅子は堅いものとややクッション性のあるのもがある。ロフトのような構造の2階席もある。トイレあり。

居心地はいいのでチェンマイ滞在中に6,7回くらいは行っていた。

セルフサービスで水が飲める。

Bookafe’CNX

地図上では離れているが実際は上で挙げたChao Doi Coffeの真隣。その近さゆえChao Doi Coffeのwifiが届く。逆も然り。名前の通り本が置いてある。席は少なめで、コンセント席も少ない。席は堅いので長時間いるのは辛い。プリンターが設置してあったのでもしかしたら使えるのかもしれない。トイレは1つだけで男女兼用。

Cafe’ Amazon

タイのコーヒーチェーン店。チェンマイだけでもたくさんあることがわかるだろう。

MAYA店

地図上には表示されないが確かに存在するのでMAYAの位置情報を載せておいた。Amazon自体のwifi はないが、MAYA内ではfree google stationという無料のwifi が使えるのでそれで繋ぐことはできる。席がかなり少ない上コンセントのある席も2席くらいしかない。ショッピングモール内にあるので昼頃には満席になるので長居には向いていない。

ニマンヘミン沿店

小さなショッピング施設の中に入っている。ここに入ったことはないが、注意点としてトイレの使用料がかかる。正確には覚えていないが一回5バーツか10バーツ取られたと思う。とにかく使用料がかかるので注意。

☆☆ 普通(50バーツ〜)

Mingmitr Coffee

NESに割と近いカフェ。朝7時ごろから営業している。閉店は早く、夕方5時には閉まる。席は少なめ。トイレは1つ、男女兼用。

Jang Kub Kafe

席は多めだがコンセントのある席は少なめ。テラス席もあり雰囲気がいい。平日の夕方は店員過多で暇そうにしている。男女別のトイレあり。

Roastniyom Coffee

店内の木のオブジェが印象的なカフェ。コンセントのある席は半分くらい。店内にトイレはなく、すぐ近くのアパートの1階の共有トイレを使う。

こちらはチェンマイ大学の敷地の中にある。wifiの調子が悪く、コンセント席も少ない。

☆☆☆ 高め(65バーツ〜)

CAMP

ショッピングセンターMAYA内にある24時間営業のカフェ。wifiは2時間限定のワンタイムパスワード方式。食事も取ることができるが値段は高め。デスクや仕切られたスペースや靴を脱いでリラックスできるスペース、会議室のような長机が置かれた個室など、様々なニーズに合わせたせきが用意されている。人気なため昼過ぎにはかなりの席が埋まってしまうが、24時間といえどMAYAの開店前に行けば人はほとんどいないので大抵は好きな席を確保できる。MAYA自体も平日11時、土日10時の開店なので早起きしていけば席取り合戦ということもない。

チェンマイの24時間営業のカフェCAMPに行ってみた

cafe’Kantary

ニマンヘミン沿に位置するカフェ。値段はやや高いがその分雰囲気は素晴らしく、テラス席や完全に仕切られた空間など、ゆったりリラックスするのに最適。wifi用のユーザーネームとパスワードがレシートに印字されている1タイムパスワード方式。しかし1時間しか使えないのが難点。

詳しくは以下のリンクから

チェンマイオススメのカフェ カンタリーカフェ

Akhaame Coffee

旧市街店

.fresh Coffee

1回だけ行ったカフェ。雰囲気はよかった。

☆☆☆☆ 高い(80バーツ〜)

Black Canyon

タイのコーヒーチェーン店。大型ショッピングモールには大抵入っている。

MAYA店

席は多いがその高さから客数は少ないので、長居しやすいといえばしやすい。コンセント席はあまりない。

Tha Pae Gate店

座席数は多め。ターペー門付近という便利な立地ゆえ店内は混雑しており席の確保は難しい。外の席もあるが通りに沿っているので排気ガスを浴びるのでオススメはできない。

まとめ

このようにまとめると2ヶ月の間にいろんなカフェに行っていたことがわかった。中にはgoogleマップで見つからなかったカフェもあり、実際はもう2店舗くらい他のカフェに行っていた。

お気に入りのカフェが見つかるとその店舗に通ってしまうのもだ。僕の場合は安さと居心地のChao Doi Coffe、アパートから割と近場で居心地もそこそこなRoastniyom Coffee、がっつり作業するCAMP、雰囲気のcafe’Kantaryという感じでこの4つによく行っていた。

チェンマイにはコンセントとwifi完備で作業や勉強に適したカフェが数多くある。チェンマイに来た時は是非とも自分のお気に入りを見つけてみよう。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA